oran blog

聖剣使いは前世の夢を見るか

December 25, 2018

この記事は クソじゃないアニメ Advent Calendar 2018 - Adventar の25日めの記事です。

聖剣使いの禁呪詠唱

聖剣使いの禁呪詠唱というアニメをご存知だろうか。時を遡ること2015年。今振り返ってみれば来世に引き継がれるべきアニメが大量に量産された激動の時代だったとも言える。

聖剣使いの禁呪詠唱は、聖剣使いの禁呪詠唱と書いてせいけんつかいのワールドブレイクと呼ぶ。当時は話題にはなったものの、円盤の売上がよろしくなかったようだ。
日本中の沢山の人を笑顔にさせたのに、なぜだというのか。

ワールドブレイクは「俺は俺から奪っていくやつを絶対に許さない」というセリフと共にドラゴンと魔法バトルが始まる。

仲間が戦ってる間に主人公は指で詠唱を唱え続けるのだが、これがとても長いのだ。しかも早口で聞き取りづらい。

ワールドブレイクでは、前世の記憶を受け継ぐことで奇跡の力「アンセスタルアーツ」が使える。前世の技がそのまま使えるので便利である。

このアニメにとって前世の記憶が力となる。 前世は何世もの記憶を持っていることがある。

でもこの主人公、前世の記憶をあまり覚えていないらしい。

しかしたまに見る夢や、敵にやられてピンチの時にヒロインとのイチャイチャシーンを思い出すのだ。

覚えてないけど、多分全員抱いてる。

記憶を思い出すと、「思い…出したッ!!!」

とセリフを捨て去り、前世の技を使い敵を圧倒するのである!!!

そしてヒロインと共に前世の記憶を取り戻しゴールインである。

何が良かったのか

まずアニメというのはテンプレのオンパレードである。

テンプレとして有名なのがなろう系だが、この作品はなろう系ではない。ラノベである。

学園ハーレムというテンプレはあるものの、展開の一つ一つが王道から外れるものであり、視聴者の期待を良い意味で次々に裏切った。

今では「異世界スマホ」というテンプレしかないアニメが話題になったが、まさにその逆を突き進んだ感じだ。

早口詠唱で死んだ

死んだのはキャラではない私である。

詠唱がなに言ってるのかわからない上に、よくある魔法攻撃のMP消費がどうのこうのみたいなのもなくいきなり詠唱し始めたので正直ついていけなかった そして全然詠唱が始まらないのでだんだん不安になってきた

だが決してギャグアニメではない。灰村は真剣だ。視聴者も応援すべきである。

思い…出したッ!!!

繰り返すが、このアニメは主人公灰村が思い出す度に強くなる。

話数を重ねる毎に、いろんな記憶を思い出していくので敵に襲われるだけで強くなるので敵もかわいそうになってくる。
視聴者だって毎回思い出されてばかりではつまらないだろう。

そういった状況を見かねたのだろうか、ヒロインの一人が「思い・・・・出せない・・・・」回が存在するのだ。

ぜひ落ち着いて思い出してほしい。

一番の見所

このアニメの、幾つものテンプレを打ち砕いてきた一つ一つの奇跡は、未だにどのアニメも覆えせないだろう。
しかし、ワールドブレイクも実は一つテンプレを使っているのだ。

それは、最終回で複数の記憶の力を同時に使うのだ。
複数の力を同時に使う.魔力が抑えきれなくて体が崩壊してしまうはず..そんな展開によく使われる。
しかし、力といっても前世の記憶なので、前世の記憶を同時に使うというよくわからない展開になってしまった。
まぁそれはいいとして、二人のヒロインも一緒にイチャイチャした記憶を思い出して一緒に戦うのだが、あれ・・・・どっかに見たこと有る展開だな・・・マクロスぇ..うっ…思い..出せないッ…


Kyle Mathews

おらん